深夜の事故・・・

私は大学生の頃、深夜のアルバイトの時給の良さに惹かれて夜中にアルバイトをしていました。
いつもは自転車で行くところを、その日は雨が降っていたため自分の車でアルバイトに行っていました。

その帰宅途中で居眠り運転をしてしまい、道路左脇の縁石に乗り上げてしまいました。「ドカン」と言う音で目が覚め、我に返りましたが、時すでに遅しです。車を道路脇に停めて破損状況を確認しました。
外見はさほど痛んでいませんでしたが、助手席側の前輪のタイヤはバーストしていて、ドライブシャフトが抜けかけていました。
直ぐに加入している自動車保険の担当の方に連絡を取り、状況を説明し自走出来ない事を伝えました。自動車保険経由でレッカー車を手配して頂き、自動車保険側に指定修理工場へ運んで頂く事になりました。
私は怪我をしておらず翌日も出勤でしたので、修理工場の代車をお借りする事にして修理の見積もりを出して頂きました。

2日後、修理工場から連絡が入り工場へ車を見に行きました。やはり左前輪の車軸の損傷が酷く、修理作業をするのにエンジンを降ろさないといけないらしく、修理代が50万円かかると言われました。私の車は軽自動車なのですが、その当時、気に入って新車で購入した車でしたので、本当にショックでした。しかし、購入してから2年経っている事と走行距離が78,000kmと言う事を考え、廃車にする事にしました。
修理工場でも車の販売をして頂けるのですが、私の好きなメーカーの取り扱いは無く、他所で車を探す事にしました。結論を修理工場へ言ってしまうと代車を返さないといけなくなり、私が仕事に行けなくなりますので、なんとか言って次の車が見つかるまで、引っ張っていました。
その間、修理工場から何度も連絡が入り、修理をするのか廃車にするのかはっきりして、代車を返して欲しいと言われました。

急いで次の車を探さないといけない事と購入資金を作らないといけない事が重なり、勉強とアルバイトをしながらでしたので大変でした。
お金を借りて新車を購入すれば、事は早く済むのですが、なんせ学生という身分なもので、本当に困りました。
結局、学生ローンでお金を借りて、新車では無く新古車を購入する事にしました。
その間、2週間位かかり修理工場へ代車代金と事故車を土場へ置いたままと言う事で、土場の使用料を請求されました。
廃車すると言っていましたが、実際は修理して再販する様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>