借りたら最後、怖い取り立てがあるイメージ

私の持つ消費者金融に対するイメージは、やっぱりテレビドラマのような世界を一番にイメージしてしまいます。

例えば、お金を借りてしまったらもう最後、高い利子を請求されて、返済しても返済しても、高い利子のせいで借金が知らない間に膨れ上がり、気が付いた時には、自分自身では返済することが無理な金額にまで借金が膨れ上がってしまう。

そして、怖い怖い取り立てが始まり、自分の自宅に取り立てが来て、メールや電話は鳴りっぱなし、身内にも取り立ての連絡を入れられ、挙げ句の果てには、勤め先も調べ上げられて、毎日何度も勤め先にも取り立ての連絡を入れてくる。

最終的には、物件や家財道具などを差し押さえされてしまい、身ぐるみ剥がされてしまうようなイメージがあります。
消費者金融を利用したことが無いので、実際のところは分かりませんが、やはり悪いイメージしか持てません。

どんなに明るくてキレイなタレントを起用したコマーシャルを放映していても、どうしても胡散臭いような気がしてなりません。

テレビドラマのように、激しい取り立てなどを行うのは、一部の消費者金融なのかもしれませんが、やはり利用するのは怖いです。

ちまたでは、ATMでも簡単に消費者金融からキャッシングが出来ますが、そのように簡単にお金を貸そうとしているところからして信用できません。